コロナ禍での集客施策について

はじめに新型コロナ感染によりお亡くなりになられた方々に心よりご冥福を申し上げます。

また現在闘病中の方々、感染拡大下で大変な状況にいらっしゃる方々におきましても一刻も早い緩和を願っております。

そして医療従事者やエッセンシャルワーカーの皆様、日々感染症とご奮闘されている多くの皆様に、心からの感謝と敬意を表し今回は筆を取らせて頂きました。


2020年1月に日本で初めての感染が確認されてから1年以上が経過しました。

また2021年1月より二回目の緊急事態宣言が発動され今もなお感染収束の見通しは立たない苦境にいます。


〝弊社としてできることは何かないだろうか〟

〝一人の人間として自分に何ができるだろう〟


ただひとつ言えるのはこの答えが「特にない」であってはいけないと考えていることです。


冒頭に記載した様に苦しい状況の渦中にいる人々に対しできることが「特に何もない」という状況だけは避けたい。

弊社の取引先の多くは飲食店や美容室などの店舗様がほとんどです。

そして現状、多くのお客様が集客で大変お悩みの最中にいると存じます。

WELDONに出来ることは何か考えましたが、やはりPRを生業にさせていただく我々としては、コロナ禍でのPR戦略や店舗集客の施策を無償にてご案内するサポートであるというところに行き着きました。


〝点滴穿石〟という言葉があります。

一滴一滴の小さな水滴でも、長い年月をかけていけば固い石にも穴をあけることが出来るという意味です。

そのためにはきっかけとなる一滴がなければ何も始まりません。

私たちのサポートはその小さな一滴かもしれませんが、弊社はその一滴を疎かにしたくないと考えております。


店舗・生産者の皆様をはじめこのご時世で集客にお悩みの皆様に時代にマッチした集客施策で、そしてデジタルなものになりますが無料でできるプロモーションに是非トライしてもらい、少しでも今より良い方向に転じるきっかけになって頂けたら幸いです。


少々長くなり恐縮ですが前置きとしまして...

時代は刻々と変わり、生活様式や働き方、思想、価値観、ニーズやウォントなど様々なことが移り変わって今に至りました。

時代が変わるという抗えない現実がある以上、人々や企業も時代に合わせてアップデートせねばならない状況があるのではと考えます。

私たち企業にとって大事なのは、移り変わる時代を読み、時代と共にフレキシブルに変化できることだと考えます。


新しさや変化を取り入れて行くことこそが永遠に変わらないことだという不易流行〟の考え方です。


一方で、歌舞伎の様に、伝統を守り変えてはいけないことというのもあります。

しかし「伝統芸能」というぐらいだから歌舞伎は昔と同じ形のまま現世に受け継がれてきたのかと言えばそれは違います。

歌舞伎や400年以上の歴史の中で幾度となく「アップデート」を繰り返し、現世に至るまで朽ちることなく受け継がれてきました。

屋外から屋内講演に変化したことで昼夜の演出が可能になったりせり上がりや花道など、舞台演出の原点ができたり、政治や情勢に合わせ「継承と創造」を繰り返して今日に至ったそうです。

近年でも海外公演やオンライン公演、シネマ歌舞伎など、時代のニーズに合わせ〝変化する〟ことでバリューを拡大し新しい客層を獲得しています。


文字の送信がFAXからメールやSNSになったり

音楽はCDではなくダウンロードになったり

スマホができた当初は3Gだったのに5Gになったり…

世の中の変化に乗るのは大変な苦労ではありますが大事なことなんだなと、このコロナ禍で強く再認識させられました。


いつまでこの苦境が続くかはわかりませんし、私たちも今の時代にできることを皆様と一緒に模索していければと考えます。

まずは、時代のニーズにあった店舗集客の方法(無料でできるツール)をお伝えできればと考えております。


デジタル的なものは苦手…という方もご安心ください。

親切丁寧をモットーに、ゼロからご案内させていただければと思っています。


このコロナ禍、どう進んで良いものか…その答えはどんな経済学者にもマーケターにも真相はわかりません。

しかしどんな状況でもチャンスは必ずありますし、同時にどんな時代にもニーズやウォンツは必ず存在します。

WEBやSNSといったデジタルに明るくない店舗様に無料施策のWEBツールや集客施策をレクチャーさせて頂くこと、それがWELDONにできることの初めの一滴だと思っておりますので、ご興味のある方がございましたら、まずはお気軽に下記より気軽にお問い合わせください♪

 

お問い合わせフォーム

https://www.weldoninc.net/contact


閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示